【旧キット】1/100ゾゴック製作日記 ~台座を作ってみる~

製作過程
スポンサーリンク

本体は塗装中なんですが、今回は「台座」を作っていきます。

と、言っても簡単なものになります。せっかく固定ポーズで作るので、飾って置く場所というのも用意していあげたいのです。

ベースに使うのは100円ショップなどで売っている「写真立て」。それと1ミリのプラバンをメインに使っていきます。

 

f:id:hkn3:20210117204622j:plain

まずは「枠」となる部分を作っていきます。

写真立ての裏なんですが、写真を立てる足のような部分があるので、ペンチなどで、べきっとそこを取り外しましょう。

ここは、干渉して邪魔になってしまいます。

 

f:id:hkn3:20210117204856j:plain

次に、写真を入れる部分が外れてこないよう、周囲をパテで埋めます。

外した足は、底の強度を出すため、中心にボンドで貼り付けました。

ちなみにこのパテも、100円ショップで売っているものです。「穴埋めパテ」という名称で、チューブに入っています。

100円ではありませんが、「グル―ガン」を使ってもいいと思います。

 

f:id:hkn3:20210117205114j:plain

周囲の木枠は、そのままではこれまた100円ショップのニスで塗装します。

これで「枠」は完成です。

 

f:id:hkn3:20210117205202j:plain

次はベースとなる部分です。

矢印の部分の長さを量り、同じ寸法で1ミリのプラバンをカットします。

 

f:id:hkn3:20210117210439j:plain

切り取ったプラ板には「パネルライン」を意識したスジ彫りを入れます。

実際にスジ彫りを入れる前に、下書きをしてイメージを掴んでおきます。

ちなみにプラバンはつるつるしているので、そのままではシャーペンで書き込めませんが、ヤスリでちょっと荒らしてあげれば線が引けるようになります。

 

f:id:hkn3:20210117211421j:plain

スジ彫りをして、ずれてしまった所はパテで修正です。

 

f:id:hkn3:20210117211515j:plain

プラ板を下に敷いて、高さを検討。のちのち、ベースのプラバンに貼り付けて、高さを出します。

 

20210117211707

ベースの塗装をします。まず黒サフで全体を塗装しました。

 

f:id:hkn3:20210117211627j:plain

その後、シルバーでちょっと下地を残すような感じで・・・グラーデションっぽくなるように塗装しました。

 

f:id:hkn3:20210120195416j:plain

最初に作った枠に取り付けるとこんなふうになります。

基地の床というか、そんなものをイメージしていたんですが、どうでしょうか?

 

f:id:hkn3:20210120195559j:plain

で、ここからが大事なんですが、作った台座の上にそのままキットを乗せてしまうと、ちょっとした瞬間に台座から転げ落ちて、大破! ということになりかねません。

ですので、固定ポーズで作っている場合は、台座に固定してしまったほうが無難です。

その場合、接着剤だけを使って固定するよりは、下から軸を差し込んだ方が強度が出ます。

 

f:id:hkn3:20210120195943j:plain

真下からピンバイスで穴をあけ、3ミリのプラ棒をセットします。

今回はプラ棒を使いましたが、アルミ線でも(と、いうかアルミ線の方がいいかも?)いいと思います。

あとはすべての作業を終えた後、がっちりと固定してしまえばOKです。