100均で作れる! 「塗装の持ち手」と「塗装ベース」!

塗料・工具

プラモデルを塗装をする時、絶対に必要になってくるのが「持ち手」です。

目玉クリップを使う方も多いんですが、棒の先に、ギザギザのワニの口の様なものがついたものを見たことがある方も多いのではないでしょうか?

あれは『ペインティングクリップ』とか『塗装の持ち手棒』とか色々な呼ばれ方をしているのですが、実は100円ショップの材料で簡単に作ることが出来ます。

今回は、そんな『塗装の持ち手』を自作する方法と、色を塗れば必ず必要になる『塗装ベース』について紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

 用意する物

f:id:hkn3:20200123152421j:plain

用意するのはこちら。ワニ口クリップと、竹ひごです。

あと100円の物でいいので、ペンチも一緒に用意しておいてください。

ちなみにワニ口クリップって100円ショップのどこにあるの? と思う方もいるかもしれせんが、電飾関連の近くにあることが多いです。

店によって多少の違いはありますが、イヤホンや懐中電灯、電池とか、そんな商品の近くを探してみてください。

 塗装の持ち手棒の作り方

20200123153113

では塗装の持ち手棒の作り方です。

まず、ワニ口クリップを覆っているゴムはいらないので外してしまいます。

f:id:hkn3:20200123153411j:plain

竹ひごはそのままでは長いので半分にします。

真ん中にカッターで斬り込みを入れれば、簡単に手で折ることが出来ます。

f:id:hkn3:20200123153541j:plain

その竹ひごをワニ口クリップの根元に差し込んで・・・。

f:id:hkn3:20200123153619j:plain

ペンチで、ぐっ!!っと締め付けてやれば完成です。

安定性を高めたい方は、テープをくるっと巻いたり、グルーガンで固定したりすればOKです。

私はマスキングテープをくるっと一回巻いています。

f:id:hkn3:20200123153813j:plain

ワニ口クリップは大きさが二種類ありますので、パーツによって使い分けることが出来ます。

f:id:hkn3:20200123154655j:plain

大きい方はかなり力が強いので、MGクラスの大き目のパーツでもがっちりと保持してくれます。

ただ、2020年1月現在、私が買っているワニ口クリップは100円で8個入りとなります。(大小各四つずつ)

プラモのパーツは100以上あるもの多いので、結構な数を作らなければいけません。

実際100以上のパーツを一気に持ち手に付けることは稀なので40、50個もあれば十分なんですが、8個では全然足りません。自作するときはまとめて買うことをお勧めします。

竹ひごは20本入りなので、それを半分に切れば40本になります。ふたつも買えば十分間に合います。

パーツに色を塗った後は?

f:id:hkn3:20200123155653j:plain

パーツに色を塗ったら、塗装の持ち手を保持しておくものが必要になります。

私のおススメはこちら。細めで、穴の開いたファイルスタンドです。こちらも100円で買えます。

f:id:hkn3:20200123161422j:plain

どう使うかと言いますと、こうやって横にするだけ(笑)

ファイルスタンドは4、5個くらい重ねておくことが出来ますので場所もあまり取りません。

塗装ベースとして使う分には壊れることはないので、ずっと使い続けることが出来ます。

ちなみに、他に「塗装ベース」として以下の物がよく使われます。

・油粘土

・発泡スチロール

・猫の爪とぎ

猫の爪とぎにはマタタビが入っているのもあるのでリアルで猫を飼っている方は注意が必要です。

猫が寄ってきてパーツに危害を加えていきます。(猫を飼っている方はね)

作るのが面倒なら市販されているものを使ってもOK

ちなみに「塗装の持ち手」も「塗装ベース」もメーカーから同じようなものが販売してたりします。

作るのが面倒という方はメーカー品を使ってもいいかもしれませんね。それでは。