プロモデラーになるにはどうしたらいいのか? 収入・必要な技量を考えてみた 

模型の話

プラモデルを作って収入を得ている職業、プロモデラー。

このサイトを見てくださる方はプラモデルを作るのが好きな方だと思うので、少なからず興味を持っているのではないでしょうか?

ある意味身近ではありますが、プロモデラーは謎に満ちた職業です。

と、いうことで今回は、プロモデラーのことを調べてみました。

正直、憶測的な部分も多いんですが、よろしければご覧ください。

スポンサーリンク

プロモデラーのなりかた

プロモデラーのなり方として王道なのが、大きなコンテストに入賞して、スカウトされる、というものですね。

ぶっちゃけ、ほとんどの方がコンテストからプロになっているようです。

模型誌が主催しているものや、GBWC(ガンプラの世界大会)くらいの規模になると、声をかけられる可能性が高そうですね。

 

また、現在ではSNSが盛んなので、Twitterなどで作品を発表していたらスカウトされる、ということも見かけます。

後でまた書いていますが、プロモデラーは「安定した技量」と「作る速度」が大事だと思われるので、プロモデラーになりたい、ということを明記して、特徴のある作品を一定の間隔で発表していければ声のかかる可能性はありそうです。

 

また、少数派でありますが模型業界の人とコネがあり、そこからプロデビュー・・・ということや、模型誌の読者投稿ページに投稿しているうちに作品を掲載してプロに・・・ということもあったみたいですね。

人気のプロモデラーセイラマスオさんは、読者投稿ページの出身だと聞いたことがあります。

プロモデラーの仕事 必要な技量は?

プロモデラーは、作品を作る以外にも、箱絵についている『見本』を作る仕事などもしてます。

作例も見本も、必要なのは『要求に答えられる安定した技量』だと思います。

例えば、見本であれば「キットはそのまま組んで、ティテールアップは無し。合わせ目は消してもいい。全塗装をするけど、忠実なカラーリングで」などという依頼があると思います。

組んだ状態があまりにも箱や説明書の見本とかけ離れていたらおかしいですからね。

 

また、模型誌やSNSなどの掲載の場合も、きちんとした「指定」があると思います。

作例の説明を見ますと、「こういう風に仕上げて」と依頼があった、という文をちらほら見かけますからね。

トップモデラーなんかは「好きなように作ってください」と言われることもあるようですが、それは、その制約の中で、人気を獲得したモデラーだけが許されることだと思います。

もちろん「制作するモデラーの得意な分野」を考慮した依頼にはなりそうですが、それを「締め切り」までに「たしかなクオリティ」で仕上げる必要があると思われます。

 

また、最新の作りたいキットが回ってくることはほとんどなく、なじみのない類のキットが回ってきて、困る、ということの方が多いみたいです。

ガンプラはある程度こなせるけど、よく知らない作品の作例を作らなきゃいけない! みたいな感じですね。

いっつもガンプラを作っている方がスケールモデルを作っているのも見かけたこともありました。(普通に上手でしたが)

そのため、ある程度はどんなジャンルのプラモデルも作れる技量が必要なのではないでしょうか?

超絶な技術をもっていても、完成させるのに数か月かかる、というのはゲスト的な作品の掲載はできても、プロとして活躍するのは難しいと思います。

プロモデラーの年収は?

作品一つの報酬というのは口外してはいけないことになっているらしく、詳しいことはわかりません。

ですが、年収というのは耳にすることがあり、平均するとだいたい300万円前後、といった感じでした。

正直、けっして多い金額ではないと思います。

 

ですので、プロモデラーは専業でしている方は少なく、兼業している方が多いようです。

模型誌に掲載している方も、ほとんどが兼業しているらしいですからね。

 

ですが、模型業界と関わりのある職業についている方も多く、活躍の場をもっている方もいます。

ある世代では伝説のモデラーである川口名人こと川口克己さんはBANDAIの社員ですし、MAX渡辺さんは、模型メーカーマックスファクトリーの社長さんです。

NAOKIさんはメーカとのタイアップでナスカというブランドの工具な塗料の監修をしていますし、ガンプラのデザインなどもされています。

長谷川伸二さんはタミヤの模型店の店員でもあり、プラモデルの講師をしています。

こうなるとプロモデラーというのは肩書の一つとなり、収入の面からみても、安定したものになっていそうです。

副業モデラーの可能性

プロモデラーは、専門の方は多くありません。

きちんと契約は結んでいると思うのですが、ぶっちゃけ、副業みたいなスタンスが強いと思います。

 

副業として模型を製作して収入を得るのは、プロでなくてもたしかな技術さえあれば可能です。

王道なのは、ヤフーオークションやメルカリなどで完成品を販売するか、制作代行という方法ですね。

「せっかく完成したものを売るのってもったいなくない?」と思う方もいるかもしれませんが、本当に手放したくないもの、は手元に置いておけばいいんですよね。

むしろ、長く模型を作っていると、完成品が増えてきて保管場所を悩ますことになります。

箱の中で日の目を見ないなら、お金を出してまで自分の作った作品を買ってくれる方に、大切にしてもらいたい、と思う心も出てくるんですよね。

Kindle(電子書籍)専用ではありますが、【ザ・プロモデラー<プラモデルを作って副収入!】という本も販売されています。

制作しているのは飛行機モデルですが、高値が付くように制作して写真を撮り、オークションに出すまでの流れを紹介しています。

900円ほどとあまり高くありませんので、ヤフオクに出してみたいという方は読んでみてはいかがでしょうか?(写真はネット経由で拡大して見えると書いてありますが、2021年現在、ヤフーサービスのためリンク切れになっています)