塗料・工具

ガンプラやプラモデルの塗装の助けになる『逆作用塗装棒』を試してみた!

ガンプラやプラモデルを塗装するとき、絶対に持つべきものに『塗装棒』があります。

塗装棒とは、棒の先端にワニ口クリップが付いていて、パーツの持ち手になってくれる道具です。

通常の塗装棒は販売しているものあれば、自作することもできるのですが、今回は「逆作用塗装棒」を使ってみましたので、紹介してみようと思います。

 

スポンサーリンク

逆作用塗装棒とは?

逆作用の塗装棒とは、その名の通り反対側にバネの力が働いている塗装棒のことです。(写真の左側)

通常であれば挟む方向に力が働いているので先端は閉じています。

ですが、逆作用塗装棒は、先端が常に開いていているので、その力でパーツを保持することになります。

ピンセットにも同じような仕組みのものがありますね。

 

 

開く力を利用してパーツを保持する、というのはつまりこんな感じです。

たまに、挟むだけでは保持が難しいパーツがあったりしますが、そんなときに重宝する塗装棒です。

先端にフックが付いていているので、パーツに引っ掛かって滑らないような工夫もされています。

また、閉じると3㎜穴にフィットするので、差し込んでパーツを保持することも可能です。

3㎜穴はプラモデルの至る所にあるので、保持する方法には困らないですね。

ちょっと気になった点としては、外側に働く力自体は、あまり強くない、という点です。

大きめのパーツの保持はちょっと心許ない感じになります。

ただ、大きなパーツは普通の塗装棒でつかめることが多いので、それほど問題ではないかと思います。(強すぎると逆に問題かと思いますが)

 

逆塗装棒は、通常の塗装棒と合わせて、塗装の助けになってくれます。

1セットで14本入りで1000円以下で購入できます。

普通の塗装棒と違ってあまりたくさん数が必要ではないのですし、1セットあれば何かと役に立ちます。

よろしければ試してみてくださいね!

スポンサーリンク
ホビーライン!