塗装・工作ウェザリング

ガンプラを汚れカッコよく! スポンジを使ったチッピング塗装のやり方!

今回は、チッピング、という塗装方法を解説してみようと思います。

チッピング、というのは、傷とかサビなど、塗装がはがれた部分を再現する技法の事で、ウェザリングの一種になります。剥がれ塗装なんて呼ばれたりしますね。

チッピング(剥がれ塗装)にもいろんなやり方があるんですが、実はスポンジを使ったやり方がめちゃくちゃ簡単なんですよね。

スポンサーリンク

チッピングで用意する物

まずはスポンジと塗料を用意します。

スポンジは100円ショップの物で構いませんが、ネットスポンジではなくウレタンっぽいスポンジをご用意ください。

使うスポンジはこのままだと大きすぎるので、適当な大きさに切っておきます。

チッピングに使う塗料ですが、今回は「エナメル塗料」を使用します。

水性塗料でも問題なく行えますが、「エナメル塗料」なら、専用の溶剤でふき取れることができるので、簡単にやり直すことが出来るのが利点です。

次に色の選択ですが、「チッピング」というのは「剥がれ塗装」のことなので、装甲が剥がれた下地、をイメージすると良いですね。

装甲が白ならジャーマングレーのような暗い色。

黒系などの色にはシルバーなどの金属色。

サビなら赤茶系のハルレッドを使えば無難に纏まります。

チッピング実践

ではやっていきましょう。

まずはスポンジの先端に塗料をちょこっと含ませます。

それをティッシュにこすり付けて、ほとんど乾いた状態にしてしまいます。

ですが、スポンジにしみ込んだ塗料は、まだわずかに色が付く塗料が乗っています。

このわずか、というのがポイントです。

そのスポンジをパーツのエッジ(端)の部分にぽんぽんと押し付けると、このように細かい点のようなものを付けることができるんですよね。

作業自体は、たったのこれだけです。

しかしそれだけで、こんな「いかにも」な汚れを施すことが出来ます。

 

スポンジは100円の物でも十分ですが、模型用の物も販売しています。

柄が付いていてこだわりたい方はこちらを試してみてもいいですね。

 やりすぎちゃったときの対処法

最初にすこし書きましたが、「エナメル塗料」だと専用の溶剤を使えば塗ったところを簡単にふき取ることが出来ます。

実際、スポンジチッピングをやっていると楽しくなってきて、ついついやりすぎてしまうことがあるんですよね。

「やべえ、やりすぎた!」って時も、溶剤を綿棒などに染みこませて、塗った部分をふき取ってやれば綺麗に拭き取ることができます。

上半分だけ拭き取ってみました。

エナメル塗料ならやり直しが効くので、自分の狙った感じになるまで思う存分繰り返しましょう。

 

関連記事

エナメル塗料の使い方は? 塗り分けに最適な「特徴」と「注意点」を説明!
模型の塗料にはアクリル、ラッカーの他にエナメルという塗料があります。写真に写っているタミヤさんの物が一番有名ですね。瓶が非常に小さく、主に筆を使って塗装します。模型をはじめたばかりの時は、瓶の小ささに「なんじゃこりゃ?」と思うかもしれません

スポンジチッピングを使った完成品

スポンジチッピングは簡単に剥がれ塗装ができる優れた技法です。

ですが、それだけだとすこし物足りない感じもします。

そんなときは、ガンダムマーカーのリアルタッチマーカーと組み合わせると、更に深いウェザリングにすることができます。

写真はMGのエクリプスガンダムですが、無塗装の状態にウェザリングだけを施して完成させました。(ちなみにサムネはガンプラではなくアーバレストという別作品の機体)

こういった仕上げのものを「簡単フェニッシュ」なんて呼んだりしますが、無塗装とはいえ、これがまたとてもカッコよくなります。

時間がない、という方にも勧められるので、ぜひご覧ください。

 

関連記事

【ガンプラ簡単フェニッシュ】時間がなくても楽しくカッコよく作ろう! MGエクリプスガンダム制作編
作りたいガンプラがたくさんある・・・!だけど、作る時間がない・・・!そんな悩みをお持ちの方は、簡単フェニッシュで仕上げてしまうことがおススメです。「簡単」とは言うものの、最近では手順も洗練され、本当に楽しくカッコよく作ることができますよ!で
スポンサーリンク
ホビーライン!