【ジオラマ・ヴィネット】初心者でも簡単にできる! 激しく隆起した地面を作ってみよう!

ジオラマ・ヴィネット

今回は、写真に映っているごつごつと隆起した地面を作っていきます。

この地面は、ほとんど100円ショップで手に入るもので作っています。時間もそれほどかかりません。

簡単なものではありますが、模型を飾る時にちょっと盛り上げることが出来ると思いますので、よろしければご覧ください。

では、さっそくやっていきましょう。

スポンサーリンク

台座の製作

ジオラマの材料は、主に100円ショップで買えるものがメインです。

写真に映っているのは、木製のトレー、紙粘土、バークチップ、ポリスチレンフォーム(スタイロフォーム)です。

あと、木工用ボンドも使うので用意しておきましょう。

100円ショップで買えるジオラマ素材はこちらにまとめています。

まず木製のトレーに、スタイロフォームで大まかな土台を作ります。スタイロフォームはボンドで貼りつけましょう。

今回は100円ショップで買ったスタイロフォームを使っていますが、別に発泡スチロールでも構いません。

次に、全体に紙粘土を盛って地面となる部分を作っていきます。

なぜスタイロフォーム(発泡スチロール)で土台を作っておくのかといいますと、紙粘土が出来るだけ薄くなるようにして、乾くのを早くするためです。

土台を全て紙粘土で作ってしまうと、場所によっては粘度が厚くなって、乾くのに時間がかかってしまいます。

次はバークチップを並べていきます。

イメージしているのは、衝撃で隆起した地面なので放射線状に設置していきます。

飾る予定のキットを乗せてみて、バークチップの位置や地面のへこみなどの細部を調整します。

その後、バークチップを木工用ボンドで固定し、一日おいて紙粘土とボンドを乾燥させます。

この際、木工用ボンドはできるだけ見えずらい部分で固定するようにしましょう。

水で溶いたボンドを隙間に流し込むのも有効です。

そして翌日。

紙粘土とボンドがしっかりと乾いたら、次に使うのはこちら「モデリングペースト」です。

モデリングペーストとは画材道具のひとつで、筆で塗る石膏のようなものです。これは100円では買えません。

紙粘土は硬化すると少し縮んでしまい、場所によってはすこし隙間ができしまいます。

また、バークチップを並べっぱなしだとすこし見栄えが悪いので、隙間を埋めて全体を馴染ませる目的で使用します。

使い方は簡単で、筆で気になったところを塗って隙間を埋めるだけです。

使った筆は水で洗うことが出来るのですが、かなり穂先は痛めてしまうので、100円ショップの筆や使い古した物を使いましょう。

モデリングペーストはネットでは簡単に買えますが、ちょっと用意するのが面倒かもしれません。

その場合は紙粘土を使ってもOKです。

収縮して出来た隙間やバークチップの間を埋めて、全体を整えていきましょう。

ただ、モデリングペーストの方が仕上げには便利ですし、これからジオラマを作っていきたい、というのであれば持っていてもいいとは思います。

リキテックスの商品はジオラマに活用されることも多いです。

1000円ちょっとなので、よろしければ使ってみてください。

これで、『土台』は完成です。

台座の塗装

紙粘土とモデリングペーストが硬化しましたら、次は塗装です。

全体を、クレオスの「ダークアース」で塗装しました。

私はエアブラシで塗装しましたが、筆でも問題ありません。

と、いうか、筆の方が良かったかもしれません・・・。

エアブラシだと、ところどころに紙粘土の下地が見えるところが出来てしまい、その後、筆で塗りつぶす、という作業をしています。

けっこう凹凸があるので、上手く色が乗らないところが出来るんですよね。

ちなみに工程を吹っ飛ばしてしまいましたが、枠の部分はニスで塗装しています。

最後に、白で全体をドライブラシしてあげます。

ドライブラシというのは、乾いた筆を擦り付けて、陰影を強調するテクニックです。

これで一気に立体感が出ます。

ドライブラシのやり方はこちらで解説しています。

その後、もうちょっと高さがあった方が飾った時の見映えが良さそうだと思い、木製トレーを重ねてみました。

メインの土台より小さい物を使ってみたんですが、正直、微妙かも・・・。

まあ、気に入らなければ、後でどうにでもできますけどね!

キットを飾ってみるとこんな感じです。ネームプレートとか付けると良さそうです。

どうでしょうか、簡単そうでしょう?

実際、すごく簡単なので、よろしければやってみてください。

最初にも書きましたが、すこし模型が盛り上がるかもしれませんよ?

それでは。