【上級者向け?】ボークスのプラモデル FSS・モーターヘッドとはどんなキットなのか?【難易度・購入先】

模型の話

ファイブスター物語を知らなくても、モーターヘッド、と呼ばれる機体を見たことがある方は多いのではないでしょうか?

モーターヘッドは、永野 護さんの「ファイブスター物語」に登場する機体の呼び名です。

 

モーターヘッドはプラモデルでも展開されていて、完成品はネットで探せば簡単に見ることができます。

カッコよさのほかに美しさすら感じるデザインで、完成品を見て作ってみたい、と感じる方も多いのではないでしょうか?

HM(モーターヘッド)のプラモデルは「ボークス」と「ウェーブ」いうメーカーから発売しています。

今回はラインナップの多い「ボークス」さんのキットを紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

モーターヘッドのラインナップ

ボークス公式サイトより引用

ボークスでのHMは「1/144」「1/100」「ガレージキット」の三種類で販売されています。

1/144なら6000円前後。

1/100なら一万円前後。

ガレージキットなら数万円(!)とかなり高価な物もあります。

1/144なら値段もガンプラのMGクラスなので、手に取りやすい、というモデラーも多いのではないでしょうか?

1/100は一万円近くするので、安易に、とはいきませんが、相応の価値がある、というのが制作された方の大半の感想みたいです。

組み立ての難易度は?

モーターヘッドのプラモデルは、はっきり言って難しいです。

結論から言いますが、ガンプラとは全く違うプラモデルです。

ロボット系のプラモデルはキャラクターモデルと呼ばれ、初心者でも簡単に組み立てるものが多いんですが、このシリーズはそうはいきません。

まず、組み立てには接着剤が必要です。

 

場所によってはパーツがきちっとはまらない場所もあり、「擦り合わせ」という作業が必要です。

ヒケ・バリも多く、合わせ目の幅が広かったりするので、特別な作業が発生します。

塗装をする場合はもちろん、塗った後に組み上げていく必要があるので、それもコツがいりますね。

キャラクターモデルですが、車やバイクなどのスケールモデルに近い感じです。

 

綺麗に組み立てていくのが、とても難しいシリーズ!

・・・なんですが、プラモデルという趣味で、それは一概にデメリットとは呼べません。

手間のかかるキットは「プラモ作ってるぅー!!」という感覚にもなり、楽しくもなりますから(笑)

決して楽なキットではありませんが、前向きにとらえると、ガンプラとは全く違う「楽しさ」があるキットです。

キットの購入先は?

Amazon より引用

FSSのキットは、ボークスの直営店か公式サイト

またAmazonのボークスショップでのみ購入が可能です(写真は Amazon)

普通の模型店では販売していないことが多いです。

 

在庫がない場合、 Amazon では値段が吊り上がっていることがあります。

Amazon のポイントなど特典を意識する場合は、公式で値段を確認し Amazon で買う、という流れにした方がお得かと思います。

ボークスのオンラインショップへ行く

Amazonのボークスショップへ行く

 

昔から、HMの完成品はネットで見ることができました。

どれも素晴らしいものが多く、いつかは作ってみたいと思っていました。このシリーズをかっこよく作れる人、憧れるんですよね。

非常に難しいシリーズではあるんですが、ガンプラとはまた違ったプラモデル。

作ってみたいと思いましたら、挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに原作の漫画は熱烈なファンがいると同時に非常に内容が難しいことでも有名です。

もし読みたいのであれば再構成版の『FSSリブート』から入った方がいいかと思います。

そもそも、本筋の方では、途中からHMは登場せず、設定が変わってゴティックメードという別の機体になっている、という事情もあるのですが・・・。(そちらもカッコいいことは変わりないですが、プラモデルは未発売です)