~初心者でもエアブラシは買った方がいい? 購入に立ちはだかる『壁』の話~

エアブラシ

結論から言うと、エアブラシは買った方がいいと思います。

たとえプラモデル初心者の方でも、購入を考えているのであれば、できるだけ早めに買ったほうがいいですね。

エアブラシがあると、塗装でやれることが増えて、模型の楽しさが一気に広がります。

ですがエアブラシは高額で、環境も整えなければいけないため、簡単に購入できないのも、また事実です。

と、いうことで今回は、エアブラシ購入の際、ぶつかった『壁』を紹介してみようと思います。

購入に迷っている方は参考になれば、と思いますので、よろしければご覧ください。

スポンサーリンク

金額的な問題

エアブラシは、基本的に高額です。

購入してすぐに使えるエアブラシセットは、だいたい二万円~五万円ほどが相場です。

また、エアブラシは室内で使用するため、『塗装ブース』も必須となります。

塗装ブースは一万円~二万円ほどが相場なので、周辺機器や使う塗料のことも考えると、必要なお金は、三万円から七万円ほどになるでしょう。

中々の金額なんですが、模型にかける大きなお金は、エアブラシくらいなものです。

そして、それだけのお金をかけても、エアブラシは購入する価値があります。

キットや工具もだいたい二千円~三千円ほど。高額なものでも五~六千円ほどです。

工具なんて、すぐに壊れるものでもないので、すぐに買い換える必要もありません。

エアブラシが高くて買えない方、頑張って貯金をしましょう!

それよりも、この先にある問題を解決しなければエアブラシを使うことは難しくなってきます。

 

ちなみに、エアブラシは探せば安価なものもありますが、できればきちんとしたメーカー品の、安心して長く使えるものを購入した方がいいと思います。

エアブラシセットは「Mr.リニアコンプレッサー L5」。塗装ブースは「タミヤ シングルファン」をおススメします。

設置場所の問題

次はエアブラシ+塗装ブースの設置場所の問題です。

『塗装ブース』というのは、模型用の換気扇みたいなもので、エアブラシで霧状に噴出した塗料を外に排出するためのものです。

これがなければ塗料はずっと部屋の中を舞い続け、身体に悪影響を与えてしまいます。

ですが、塗装ブースにはそのままでは使えません。

こういった排出ホースを接続し、窓の外へと出す必要があります。

そのため、塗装スペースは自然と窓の近くになります。

ちなみに排出ホースは別売りの場合が多いです。なぜだ・・・!

また、塗装スペースという点では、塗装ブースの設置場所+大人がひとり座る場所+パーツを乾かしておく場所が必要です。

窓の近くに、それほどのスペースを確保できそうかが問題です。

私の場合は、窓の近くに塗装スペースを確保するため、部屋の模様替えをしました。

また、こちらも別売りですが、アタッチメントを使えば窓の開放を最小限に出来ます。

環境の問題

そして、最大の難関はここです。

エアブラシで塗装するとき、もっとも気にしなければいけないのが周りへの配慮です。

具体的に言えば、『音』と『臭い』そして『汚れ』ですね。

エアブラシを起動していると、どうしても音が鳴ります。

また、ラッカー系塗料は臭いもきついです。塗装ブースを使っても、臭いをゼロにすることはできません。

せっかく高いお金を払ってエアブラシを買っても、周りに迷惑をかけ、結局塗装することが出来なくなるのは、避けたい事態です。

これに対して、私が気を付けていることは以下の三つです。

① 夜遅い時間に塗装をしない。

② 長時間塗装をしない。

③ 周りが汚れないようきちんと対策する。

当然と言えば当然なんですけどね・・・。

私はアパートに住んでいますが、今のところエアブラシを使用していて苦情を入れられたことはありません。

多少の騒音も、昼間であればそれほど問題にはなりませんし、いくらラッカー系塗料の臭いがきついからと言っても壁を貫通するほどではありません。

ただ、それが長時間続くとやはり問題になりそうなので、塗装する時間は出来るだけ短くしています。

家族と同居している方は、更にシビアですね。

自分の部屋があるならいいんですが、ないのであれば、ひとりになって塗装できそうな時間帯があるのか? など、考えてみる必要があります。

水性塗料を使えば、臭いもすぐに散るので有効ですね。

『汚れ』に関しては、シートを敷くなり、養生するなりして対策をしましょう。

この点は、自分次第で解決できるところなので、しっかり考えたいところです。

現在の塗装環境を紹介する記事もあるので、よろしければご覧ください。

購入を迷う方に 充電式もいいんじゃない?

楽天サイトより引用

ただ、どれだけ対策をしても、実際に使ってみなければ分からない点もありますよね。

ですので、少しお金がかかっても保険を掛けておきたい、という方は『充電式のエアブラシ』を試してみるのもいいかもしれません。

充電式のエアブラシなら、塗装ブースが無くても、ベランダや外でエアブラシが使用できます。

性能はコンプレッサー付きのものには敵いませんが、バッテリーパックがふたつ付いているなど工夫もされており、多くのレヴューを見る限りでは問題なく塗装が出来るようです。

エアブラシがどんなものか実際試してみる。どんな影響を与えるか試してみる・・・。

八千円ほどお金はかかってしまいますが、エアブラシを試してみるにはちょうどいいと思います。

 

最後に。

エアブラシは使う期間が長ければ上手になっていくものなので「もうすこし上手になってから・・・」なんて思わずに、欲しいと思えばそこが買い時だと思います。

エアブラシの購入を考えている方は、前向きに検討してみてください。

最初と繰り返しになりますが、模型作りが格段に楽しくなりますよ!

それでは。