塗装・工作

ガンプラをオリジナルカラーで塗装する3つのコツ

ガンプラをオリジナルカラーで塗装してみたい・・・!

でも実際、自分でオリジナルカラーに塗装をしてみようとすると、意外と難しい・・・!

そう思っている方、けっこういるのではないでしょうか?

 

SNSで目を引く作品は、オリジナルカラーで塗装されたものも多いです。

やってみようと思っても意外と難しく、そもそもカッコよく塗れる自信がない、なんてことありますよね。

でも、ちょっとしたコツさえあれば、ガンプラをオリジナルカラーに塗装するのは難しくありません。

今回は、私が考える、ガンプラをオリジナルカラーに塗装する3つのコツを紹介しようと思います。

スポンサーリンク

色の配置換えをする

まず最初は、色の配置換えをしてみる、ということです。

赤い部分を青に、赤い部分をグレーに、といった感じですね。

これは変更した後の雰囲気もイメージしやすいので、割と簡単にできると思います。

 

色の数を減らしてみたり、逆に増やしてみたりしてもいいですね。

コツはメインとなる色は残しておく、というところでしょうか(写真のEGガンダムでいうと白の部分)

つまり、格闘ゲームの2Pカラーとか、そんな感じです。

直感的にできるカラー変更なので、まずは試してみてはいかがでしょうか?

専用機カラーをイメージしてみる

次は〇〇の専用機カラーをイメージしてみる、ということです。

ガンダムにはキャラクターの機体に専用のカラーが用意されていることがよくあります。

ガンダムで赤い機体といえば・・・みたいな感じですね。

 

実際、赤く塗ったり、青く塗ったりしてキャラクターを想起させるガンプラをよく見かけます。

私はRGのνガンダムをガンダムのカラーで塗ったことがありますし、HGのバルギルを赤く塗りました。

 

ここで注意してほしいのは、専用機カラーのイメージは別にガンダムの作品から選らばなくてもいいよ、ということです。

 

漫画やアニメで、好きなキャラクターはいませんか?

さすがに、そのままの配色、色の配置をしているとわかってしまいますが、「ヒントだけ」もらうというのはすごく有効です。

意外と、「〇〇専用機をイメージしたカラーで塗りました!」って言わなければ、バレなかったりすると思います(笑)

最近は、『Amazonプライム』や『U-NEXT』といったサブスクもあるので、ネタは探しやすい方だと思います。

元ネタを探す

最後は元ネタを探す、です。

印象的な作品にしようと思っているなら、これが一番いい方法です。

と、言うより、実はこれが全てと言っても過言ではありません。

オリジナルカラーで塗られたものは、けっこう「元ネタ」があったりします。

それはTシャツの配色だったり、インテリアの配色だったり、車の配色だったり、自転車の配色だったり、ミリタリーの配色だったり、様々ですね。

専用機カラーだって、元ネタを探そう、ということですからね。

 

サムネしたウイングガンダムEWは「ルリビタキ」や「カワセミ」という鳥を元ネタにしています。(すごく綺麗な鳥ですよ)

ウイングガンダム=鳥みたいなところからヒントを得て、いい感じの鳥を探しました。

 

他のジャンルのエッセンスを入れるというのは、見た人の目を引き付ける可能性が高くなります。

普段、ガンダムしか見ていない方からみれば『異質』なわけですから。

元ネタも、言わなければ意外とわかりずらいものです。

このウイングガンダムを見て「ああ、カワセミが元ネタね」と思った方は、おそらく居ないんじゃないでしょうか・・・。

 

いろんなものを観察して、アイデアが浮かんだら、メモをする。

ネタをストックしておく、なんてのもいいですね。

カラーリングのシュミレーションはしておこう!

あと、オリジナルカラーで塗るときは、事前に「試し塗り」をすることがおススメです。

「めんどくさっ!」と思うかもしれませんが、これは本当に重要なんですよ。

元ネタが決まっても、意外と色の配置で迷います。

それを少しでも解消するため、ペイントアプリを使って写真に色を付けて検討してみましょう。(ホントにこの写真のような感じでいいんです)

実際、塗ってから「こんなはずじゃなかった・・・」と思うよりは、よっぽどマシですよね。

写真ではなく、ネットには設定画があることがあるので、それを利用するのも手ですね。

 

以上で、ガンプラをオリジナルカラーで塗装する3つのコツになります。

まとめてしまうと、元ネタを探して、色をシュミレーションしましょう、ということですね。

ガンプラをオリジナルカラーで塗装してみたい方。

参考になりましたら、ぜひ試してみてください。

 

スポンサーリンク
ホビーライン!