HGCEストライクフリーダム 使用した色~仕上げ作業

HGCEストライクフリーダム

さて、HGCEストフリ、塗装から仕上げまでです。

塗装だけではなく、一気に仕上げまで紹介します。

スポンサーリンク

基本塗装

まず、基本塗装に入る前にサーフェイサーを吹きます。

青、紺の部分は青のサーフェイサー。

白や金色はグレーのサーフェイサーで下地を作りました。

問題点が出ましたら、そのたびに修正していきます。

使った色の紹介です。

薄い青はクレオスのエアスペリオリティーブルー。

白はクレオスのクールホワイト。

紺はフィニッシャーズのスーパーディープブルー。

赤はフィニッシャーズのブライトレッド。

青はガイアノーツのコバルトブルー。

ガイアさんのコバルトブルーは隠ぺい力も高く、発色もいいのでおススメです。

ゴールドはガイアノーツのスターブライトゴールド。

写真で一気に説明するとこんな感じです。

自分はあまり混色しないので、胸部の紺色に何を使うか迷うんですが、スーパーディープブルーがイメージにぴったりでした。

よろしければお試しください。良い色ですよ!

全体のスミ入れ

スミイレはタミヤのスミイレ塗料を使います。

基本的には塗装の色よりも濃い色でスミイレをしています。

白はグレー。青はブラック。赤、ゴールドにはブラウン、といった感じですね。

あと、アーマー裏などはエナメル塗料の「つや消しブラック」を筆塗りしています。

意外と、これが効きます。写真で見るとしっかり『影』に見えるでは。

写真写りにはけっこう影響しますので、ぜひお試しを。

デカール貼り

デカールは『RG用ストライクフリーダム用』と『MG用ストライクフリーダム用』のふたつと、市販されているコーションデカールを使いました。

コーションデカールというのは、こういう文字の様なデカールのことです。『注意書き』という意味ですね。

ストフリには似合うと思い、金色のものを少し使ってみました。

ガイアノーツさんから販売されている「NCデカールSPカラー・ゴールド」という商品なんですが、現在では生産中止となっているんですよね・・・。

ストライクフリーダム用のものは、マーキングデカールをピンポイントで使っています。

ちょっとしか使わないんですが、専用のマーキングがあると印象がぐっと変わると思います。

ガンダムデカールも再生産されないと全然手に入らないので、すこし残念ですよね・・・。

トップコート

デカールを貼り終わったら、最後はトップコートです。ガイアノーツさんのものを使っています。

ちょっと面倒ですが、金色の部分はツヤありクリアー。

その他はつや消しのクリアーを吹いています。

吹分けるのはちょっと面倒ですが、ストフリの特徴である金色のフレームはちょっとこだわりたかったです。

そして完成!

トップコートが乾けばいよいよ完成です。

全塗装は大変ですが、完成すると思い入れも強くなります。

塗り分けはライフルのブルーやウイングの金色(後はひざのブルー)くらいで、それほど面倒ではありませんでした。

素組みでもカッコいいですし、全塗装の練習にもおススメのキットですね。

では、完成編に続きます。