塗料・工具ウェザリング

ガンプラのスミ入れにMrウェザリングカラー・フェルタリキッドを使ってみた話

ガンプラにスミ入れをする時、とても便利なのがタミヤから販売されている「スミ入れ用塗料」です。

ラインナップは黒やグレーなど、スミ入れに適したカラーがそろっていますが、あまり使わない色をスミ入れに使ってもカッコよく仕上がると思うんですよね。

販売はクレオスからになりますが、似たような塗料で、Mr.ウェザリングカラーというものがあります。

カラーラインナップがとても豊富で、今回はそちらでスミ入れをしてみた話になります。

 

スポンサーリンク

タミヤ スミ入れ用塗料とは

まずはタミヤからはスミ入れ用塗料をちょっと紹介します。

こちらはスミ入れにちょうどいい薄さになっている、とても使い勝手の良い塗料です。(メチャクチャ使っているので古株感が出まくっているのはご勘弁を・・・)

最大の特徴としては先端にハケが付いていて、そのまま使用することができることです。

制作時に置いて、通常のスミ入れは、ほぼタミヤのスミ入れ用塗料で事足ります。

これが発売する前は、ガンダムマーカーやエナメル塗料や薄めてスミ入れをする、というのが一般的でした。

Mr.ウェザリングカラー フィルタ・リキッドとは

そして、こちらはクレオスから販売されている。ウェザリングカラーという商品です。

その名前の通り、本来はフィルタリングなどのウェザリング(汚し)塗装に使う塗料です。

ウェザリングカラーには通常のタイプと、ファルタリキッドというふたつのタイプがあります。

 

公式サイトより引用

現在では、通常のウェザリングカラーは丸いビンに変わっていますが、基本的なラインナップはグレー系や黒系が多く、そのままでも違和感なくスミ入れに使用できます。

 

公式サイトより引用

ですが、その中でも「フェルタリキッド」は通常のスミ入れではあまり使用しないような色がラインナップされています。

これをスミ入れに使うと中々面白そうですよね。

 

ただ注意点もあります。

この塗料にはキャップにハケが付いていません。使うには別途、筆が必要になります。

 

ただ、実はこのキャップに取り付けることができるハケだけ販売していたりします。

 

これを取り付ければ、ウェザリングカラーもタミヤのスミ入れ塗料のように使うことができます。

今回はこのハケを取り付け、スミ入れに使ってみようと思います。

実際にスミ入れをしてみた感想

実際にスミ入れをしてみました。

やはり「マルチグレー」はまったく違和感がありません。普通のスミ入れ塗料のようです。

ただ、個人的な感想だと、こちらのほうがスミの色が付きやすい印象がありました。

 

青の部分はフェルタリキッドの「ジェードブルー」を使っています。

スミ入れはグレーや黒だけでなく、同系色の色を使ってもいい感じになってくれます。

ラインが少し濃い青になっているのがわかると思いますが、こちらもかなり自然に収まってくれます。

 

ただ、「スポットイエロー」を使った箇所はほとんどわからない感じになってしまいました。

イエロー部分にパキッとしたスミ入れをするには、やはりブラウン系を使うのがよさそうです。

 

スミ入れはいろんな色を使ってもいい

他の記事でも何度か書いていますが、スミ入れ何色を使っても構わない、と思っています。

本来は「影」を演出するものですが、塗装的な役割を持たせると、キットの印象を変えることにも役立ちます。

 

白いパーツには薄めのグレーが一般的ですが、ブラウンやパープル、なんていうのも意外と合うと思うんですよね。

写真のキットはブラウンでスミ入れしています。意外と違和感がないと思います。

 

ウェザリングカラーはとても色数が豊富でスミ入れ用塗料にはない色がそろっています。

本来は汚す塗料用ですが、ウェザリングカラーをスミ入れにも使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク
ホビーライン!