塗料・工具

【光るガンプラ】蛍光エナメル塗料を使ってスミ入れをしてみた【レビュー】

プラモデルの塗料・工具のメーカー、ガイアノーツから「蛍光のエナメル塗料」というものが販売されています。

蛍光塗料は昔からありましたが、エナメル系、というのはちょっとめずらしいんですよね。

「蛍光」と「エナメル」。

このふたつの特性を活かせば、制作している模型をすこし盛り上げることができます。

と、いうことで、今回は蛍光のエナメル塗料をちょっと試してみました。

 

エナメル塗料のことを知らない方は、こちらもよろしければご覧ください。

エナメル塗料の使い方は? 塗り分けに最適な「特徴」と「注意点」を説明!
模型の塗料にはアクリル、ラッカーの他にエナメルという塗料があります。写真に写っているタミヤさんの物が一番有名ですね。瓶が非常に小さく、主に筆を使って塗装します。模型をはじめたばかりの時は、瓶の小ささに「なんじゃこりゃ?」と思うかもしれません

 

スポンサーリンク

蛍光塗料の特徴

まず蛍光塗料の特性なんですが、特筆すべきはブラックライトを当てると光る、ということです。

ガンプラだと、暗闇でブラックライトをあてると、塗装した箇所だけが光る、という演出ができることになります。

特にカメラアイなんかを塗っておくと、効果が高いと思いませんか?

 

ガイアノーツの蛍光エナメルは現在5種類。

レッド・ブルー・イエロー・グリーン・ピンクが販売されています。

 

また、エナメル系ではありませんが、ビームサーベルを光らせる、なんてこともできますね。

ビームサーベルの塗装方法! 本当に光らせるやりかたも紹介!
ガンプラを初めとする、キットに付属するビーム系のパーツ。特にビームサーベルは付属率が高いですよね。ほとんどが軟質樹脂の半透明なパーツで構成されているので、そのまま使ってもビーム感はとても高いです。ですが、ちょっと色を塗ってあげると、ぐっと光

蛍光エナメル塗料でスミ入れをしてみる

ここで本題です。

この蛍光塗料はエナメル系と呼ばれているものなんですが、エナメル塗料は、よく「スミ入れ」に使われます。

専用の薄め液で薄め、溝に流し込んで「影」に色を付ける手法ですね。

つまり、蛍光エナメルでスミ入れをすれば、スミ入れをした場所がブラックライトで光るようになるのでは、ということです。

さっそくやってみます。

希釈はタミヤのエナメル塗料で行っています。

使用するのはスジボリをしたEGνガンダム。

実際にスミ入れをしてみましたが、色は薄いものの普通に流れていきます。

ただ、白パーツには色が入りますが、暗色のパーツには色がほとんど入りません。

すこし薄すぎたかな? と思いましたが、蛍光カラーはクリアカラーに近いため、塗料を濃くしてもそれほど大差はないように思います。

色はほとんど見えませんが・・・ブラックライトを当てるとこの通り、きちんと光ります。

スミ入れ本来の役割、影を強調する、というのはできませんが、ブラックライトをあてて光らせる、というのは成功ですね。

全身はこんな感じになります。

ふき取りなど気を付けなければいけないことも多そうですが、狙ったことは出来そうです。

最初の方にも書きましたが、カメラアイは、ぎらっと光ってすごく印象的になりますよね。(ちなみに筆で塗ってます)

 

蛍光エナメルのスミ入れは、キットを選ぶとは思いますが、面白い演出ができる塗料です。

よく限定品で売っているクリアカラーのキットに使えば、綺麗なガンプラが作れそうですよね。(割れの心配はありますが・・・)

蛍光エナメル塗料、よろしければ試してみませんか?

スミ入れだけでなく、光りそうな場所だけに塗っても効果があると思いますよ。

スポンサーリンク
ホビーライン!