塗料・工具

こだわってみる? ガンプラのスミ入れをふき取る道具!

スミ入れとはプラモデルの溝に薄めた塗料を流し込んで『影』を演出する技法です。

最後は、はみ出た塗料を綿棒などでふき取る必要があるのですが、このふき取りに使う道具も、すこし種類があります。

今回はそのスミ入れを「ふき取る道具」について、ちょっと話をしようと思います。

 

スポンサーリンク

綿棒

まずは通常の綿棒。

基本的に、ふき取りのほとんどはこれでOKです。

100円ショップでも買えますし、ホームセンターやドラックストアでも、だいたいそのくらいの値段で手に入れることができます。

ただ、普通の綿棒でも、先端や太さに種類があります。

ふき取りに使うのであれば、先端が細くなったり、ベビー綿棒といって細いタイプなんかが重宝しますね。

場所によって使い分けることができるので、一通りそろえておくことがおススメです。

特に先端が細くなっている綿棒は、けっこう活躍してくれますよ!

 

普通の綿棒のデメリットとしては、ケバ立ちがあること。

ふき取っていると、パーツに綿棒の繊維が付いて汚れていたりします。

キットによってはかなりの量の綿棒を使うので、この汚れ、けっこう侮れなかったりするんですよね・・・。

ガイアノーツ フェニッシュマスター

次はガイアノーツさんの「フェニッシュマスター」です。

現在ではリニューアルされて「フィニッシュマスターR」という名前で販売されています。

写真の柄の色は黒ですが、リニューアル版は紫となっています。

綿棒とは違い、先端が硬質のスポンジのようになっています。

使い方は普通の綿棒と同じで、溶剤をしみこませてふき取りに使います。

また、斜めに切り込みが入っていることが特徴で、こういった普通の綿棒では届かない場所に、ぴしっと収まり、綺麗に拭き取ることができます。

ケバ立つこともないので、ふき取りの道具としては最高の物と言えますね。

 

デメリットは値段が高いこと。

高いと言っても600円くらいですが、綿棒が100円で買えるとすこし割高には感じますよね。

ただ、溶剤で洗浄するとある程度は再利用できますので、使用耐久がそれなりにあります。

ちなみにフェニッシュマスターには極細のタイプもあります。使用場所に応じて使い分けれます。

ガイアノーツ 精密綿棒

次もガイアノーツさんから販売されている「精密綿棒」です。

紹介しているのはガイアノーツさんの綿棒ですが、他のメーカーでも似たようなものが販売されています。

普通の綿棒と比べてもこんなに細い。

普通の綿棒でも、フェニッシュマスターでも届かないような局所に使用します。

値段は400円ほどで、いざというときに持っておくと便利です。

かなり細く、先端は固めなので、デカールやシールを抑えたりと、ふき取り以外にもいろいろと用途があります。

 

スミ入れのふき取りは、だいたい、この三つの道具があれば困ることはありません。

綿棒でもだいたいは対応できますが、ちょっとこだわってみたい方は使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
ホビーライン!