HG ダリルバルデ製作過程

【超カッコいい】HG最高峰のキット・ダリルバルデのレビュー

今回は水星の魔女に登場するダリルバルデを制作目線でレビューしてみようと思います。

ダリルバルデは回を重ねるごとに視聴者の株を上げているグエル・ジェダークの専用機的な立ち位置のMSです。

先に言ってしまいますが、HGとしては最高クラスの完成度をもつキットです。

スポンサーリンク

ダリルバルデのパチ組み

とりあえずパチ組みの状態です。

簡易ながらスタンドが付属するため、空中ポーズで飾ることも可能です。

色分けもほぼ完ぺき。

必要と思われる部分はカメラアイくらいでしょうか?

あとは好みでアーマーの裏などを塗り分けるくらいですね。

グレーで塗り分けてもいいですし、潔く赤一色でもいいと思います。

各所に特徴的な発光箇所がありますが、シール+クリアパーツで再現しています。(クリアパーツは外すのが難しそうだったので、パチ組みの段階では取り付けていません)

私は全塗装でも、この部分はシールで十分だと思いますが、頑張って魅せどころにしてもいいかもしれませんね。

ダリルバルデの気になったところ

次はちょっと気になった部分です。

欠点、といいますか・・・ハンドパーツの形状にちょっと違和感を感じました。

なんか、握り手の状態だと妙にカッコ悪く見えるんですよね・・・。

HGはカッコいいハンドパーツが付くことはほとんどないんですが、マニピュレーターではない余白の部分が多いのが原因?

ただ、武装を持たせると違和感どころかカッコよく見えるんですよね。不思議。

持ち手に合わせたディティールになっているんでしょうか?

左側には平手も付いているので、気にならないと言えば気になりません。

武器は分離する仕様なので両手持ちもできますし。

 

ただ、色が白というのはめずらしいです。

多くのキットは普通は関節と合わせた色になっているので、ここは塗り替えてもいいかなと思います。

次は合わせ目です。

合わせ目は、ほとんどが段落ちモールドになっているので目立ちません。

わずかですが、処理をした方がいい箇所は脚部の関節部分。

あとは武装の合わせ目くらいです。

膝の裏にも一応あるんですが、ここは目立たないので段落ちモールドで対応できます。

関節と武装は割と目がいくので処理をしておきたいですね。

ダリルバルデをどう作る?

さて、このダリルバルデ、どう作っていくかなんですが・・・。

ぶっちゃけ、手を入れるとこなんてなくなぁい!? というのが素直な感想です。

 

そりゃあHGですから、ハンドパーツや合わせ目など詰められるところは多少あります。

ですが、それでもあまり余って完成度の高いキットです。

ディティールアップもモデラ―の好みによるところなので、無理にする必要はないですしね。

 

凄くカッコいいキットなので、あまり冒険はしたくないなぁという気持ちに駆られ、無難にカッコよく仕上げたい・・・それが正直な感想です。

とりあえず、基本的な作業を突き詰めて行い、どう仕上げていくか考えてこうと思います。

 

スポンサーリンク
ホビーライン!